中禅寺金谷ホテル

紅葉のピークを1週間過ぎた11月上旬、中禅寺金谷ホテルに泊まりました。

先週まで、いろは坂を通るのに3時間かかっていたそう。

ひぇー。

1週間ズラしてよかった。娘が3時間も車の中でおとなしくしていられるわけがありませんから。

さて、今回の旅も目当てはにごり湯です。

ホテルでにごり湯なんて珍しい。

さすが良質な温泉の多い栃木県ですね。

金谷ホテルの開業は明治6年。

(↑日光にある方です。

中禅寺金谷ホテルの開業は昭和15年)

ヘボン式ローマ字を考案したヘボン氏が金谷邸に宿泊し、「これからは外国人が日本に来るようになるから、ホテルを経営しなさい」とアドバイスしたのが始まりだそう。

そんな伝統あるホテルですから、接客、設備、料理、全てが素晴らしい。

窓からは中禅寺湖が見えます。

ラウンジに本があるのも嬉しい。

ゆっくり読書することを夢見てしまいます。

子育て中に、そんな時間はめったに取れないんだけど。

温泉はエメラルドグリーンのようなうぐいす色のようなキレイな淡い緑色のにごり湯です。

湯温は適温、娘も熱がらずに入れました。

レストランはクラシカルな雰囲気で、正統派のフレンチを堪能しました。