HOMECOLUMN > CSSでサイトを作るとオタク!?

その他

CSSでサイトを作るとオタク!?

この『フリーライター佐々木月子のサイト』は、メモ帳(テキスト)にhtmlとCSSを手打ちして作りました。
仕事の合間に、カシャカシャ、カシャカシャ。
夜だって遊びに行かずに、カシャカシャ、カシャカシャ。

その姿をじっと見ていた妹が一言。
「つっきーって、オタクだねぇ……」

なんで!?

アクセシビリティを考慮する

私は言いました。
「手打ちしながら、ウェブの構造を理解したいんだよね」

「そういうマニアなことを言ってるところが、オタク~。構造理解とか、いらないじゃん」

「でも私の場合、ウェブライティングの仕事してるし。ついでにウェブアーキテクトの仕事もするし。構造をわかっているほうが、いい仕事ができるのよ。正しい構造のサイトは、ウェブアクセシビリティを高められるしね」

妹の反応は「?????」

アクセシビリティとは、高齢者や障害者などをふくむ全ての人たちが、建物やサービスを支障なく使えるようにすること(または、その使いやすさのこと)をいいます。

「たとえば、目の見えない人は、音声読み上げソフトを使ってサイトを『聞く』の。でも、構造がめちゃくちゃだったら、正しく読み上げられない」

「なるほどね」と妹はうなずきました。

「私の視力は1.0だけど、乱視が入っているから明るい画面が苦手で、ディスプレイから離れて見るの。 離れた分、文字を大きくしないと見えない。だから、文字サイズを小さく固定されると困るのよね。 そういう時は、そのサイトのCSSを外して、文字を大きくしてるんだ。すると、デザインが全部なくなって、文字だけが順番に表示される。この時、構造がおかしいと、読む順番が狂っちゃって意味不明になるわけ」

妹は「へ~」と感心しています。

「でもさ~。そういうのは知識として覚えておけばいいんじゃない?CSS打たなくてもさ」

「まあ、それはそうだけど……。 でも、CSSでサイトを作ると、たくさんイイことがあるんだよ」

CSSのメリットは


CSSを使うと、ソースがシンプルになります。

その結果……

  • 容量が軽くなる
  • 修正などメンテナンスが簡単
  • html(コンテンツの中身)を変えなくても、デザインだけ変更できる
  • パソコン以外の端末(携帯など)からでも見やすい
  • アクセシビリティが良くなる
  • SEO対策になる

……などの利点が得られます。

「CSSがいいのは分かったけど。
つっきーが手打ちしている本当の理由は、そういう作業が『好き』だからでしょ?」

実は、そうかも~♪
私の笑顔を見て、妹がつぶやきました。
「やっぱり、オタクだ」

2007年6月20日更新